「外国人技能実習制度」の趣旨

開発途上国等には、経済発展・産業振興の担い手となる人材の育成を行うために、先進国の進んだ技能・技術・知識(以下「技能等」という。)を修得させようとするニーズがあります。我が国では、このニーズに応えるため、諸外国の青壮年労働者を一定期間産業界に受け入れて、産業上の技能等を修得してもらう「外国人技能実習制度」という仕組みがあります。
この制度は、技能実習生へ技能等の移転を図り、その国の経済発展を担う人材育成を目的としたもので、我が国の国際協力・国際貢献の重要な一翼を担っています。

  1. 技能実習生は、修得技能と帰国後の能力発揮により、自身の職業生活の向上や産業・企業の発展に貢献

  2. 技能実習生は、母国において、修得した能力やノウハウを発揮し、品質管理、労働慣行、コスト意識等、事業活動の改善や生産向上に貢献

  3. 我が国の実習実施機関等にとっては、外国企業との関係強化、経営の国際化、社内の活性化、生産に貢献

実習生受入のメリット

 雇用の安定 & 人材の定着

計画に基づいた研修・就業場所で、計画的、継続的配置が可能。

 生産効率の向上

技術習得が早く、意欲的作業による大幅な効率UP。

 職場の活性化

明るく、活動的で現作業員への労働意欲を刺激し活性化。

 若い活力ある人材の採用

労働意欲旺盛の為、強力な戦力。

 国際化

技術移転による国際貢献と将来の海外進出、現地雇用のノウハウ習得。